口内炎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

口内炎の原因と治し方の説明書


誰しも口内炎になった経験があるのではないでしょうか。 歯茎や唇など口内に発症し、食事や会話の時には、その痛みに悩まされてしまいますよね。
悪化した口内炎なんて、何もしていなくてもズキズキ痛みを感じさせます。
口内炎は原因が多く、治し方も様々です。

病院で治療する事ももちろん出来ますが、口内炎は民間療法も多くあり、自力で治してしまう人もたくさんいるのです。
でも、ちょっと待って!その治し方は正しいのでしょうか?

正しい民間療法と間違っていて逆効果の治し方もあるので解説していきます。
正しい民間療法も驚きの治療法で、思わず試してみたくなりますよ!

病院での治療も詳しく解説していきます。
どんな治療があるのでしょうか?治療費なども気になってしまいますよね。

歯茎や唇以外に、発症した口内炎に悩まされたことはありませんか?
軽症な口内炎もあるのですが、重症の口内炎もあるのです。
その原因や症状も挙げていきます。

口内炎は他の病気を併発させてしまったり、身近な人を感染させてしまったりする恐れがあるので注意が必要です。
治療も大事なのですが口内炎の予防も大事な事になります。
でもどんなことが予防になるのでしょうか?
口内炎の予防方法もまとめました。身近な病気だからこそ、詳しい知識が必要です。

スポンサーリンク

ビタミンを補給して治そう!

口の中に違和感があり、鏡を覗いてみたら口内炎だったということがあります。
口内炎が影響で食べ物を食べると痛みが走り食事をとるのが、難しくなる事もありますよね。
口内炎の原因にビタミン不足なども挙げられます。
そのビタミンとはなんでしょうか?口内炎予防に最適なサプリも紹介していきます。
サプリだけではなく、食べ物を変える事も不足がちのビタミンを補うのに重要です。
口内炎の原因は様々ですが、今回はビタミン不足の視点から見ていきましょう。


《記事の続きを読んでみる》


塩を塗ったら治る?!

民間療法は、侮れない時があります。
時には的外れで、症状を悪化させてしまう事のある民間療法も、中には科学的に根拠がある例もあります。
「口内炎に塩を塗ると治る」
想像するだけで生唾が出そうな治し方ですが、意外や意外。この治し方には根拠があるのです。
塩が持つ驚くべき効能を解説します。


《記事の続きを読んでみる》


舌にも出てしまう原因とは?

口内炎は主に唇の裏に発症する事が多いと思います。
食事中、その口内炎に食べ物が触れて痛み走ることもありますが、食べ物があたらないように注意すれば痛まずにすみます。

しかし、口内炎でやっかいなパターンは「舌」に出来る口内炎です。
口内炎が舌に出来てしまった場合、食事も満足に取れません。
舌に出来る口内炎の原因とは一体なんでしょうか?
正しい治し方はあるのでしょうか?

舌に出来る口内炎の原因&治し方を解説します。


《記事の続きを読んでみる》


病院で治療する場合は何科?

口の中にポツリとできる口内炎。
軽度の口内炎は早めに完治するし、痛みも大したことありません。
病院で治療する人はあまりいないかもしれません。

ですが、決して軽視してはいけない病気でもあるんです。
「でも口内炎って何科の病院に行けばいいの?」そう思う人もいるかもしれません。
ここでは口内炎になってしまった場合、何科の病院で治療受ければいいのか解説します。
悪化した口内炎は、日常生活に障害を与えてしまうのです。


《記事の続きを読んでみる》


しみない食事と治る食べ物

口内炎は痛みが走るので、食事中に気付く人も多いでしょう。
食事中に不快な思いをするなんて嫌ですよね。

今回は、口内炎になってしまった時、患部にしみないレシピや、口内炎に効く食べ物を紹介します。
しみないレシピは、味気が無さそうに思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
しみない上に口内炎に効く美味しい食べ物もあるんです。

口内炎を治すにはビタミン補給も大事なことになります。薬に頼らず口内炎を治す食事療法も侮れません!


《記事の続きを読んでみる》


パッチはどのくらい効果があるのか

口内炎での治療で、パッチというものがあります。
患部に丸いシールを張り、シールに付着している薬品が口内炎を治療するといった商品です。
主に市販専用ですが(あまり病院では処方されません)、効果はどうでしょうか?

口内炎治療は、塗り薬など直接患部に塗布する治療法が、もっとも効果的だと言われています。
パッチも直接患部に貼るという治療法なので、効果は大きいのではないでしょうか?
今回は、口内炎パッチの効果や特徴を紐解いていきます。


《記事の続きを読んでみる》


はちみつで治るって本当?

民間療法の効果が医学を越える場合があります。
「口内炎にはちみつを塗ると、薬以上の効果がある」という実験結果があるのです。
塩を塗って口内炎を治療するのに比べると、はちみつでの治療は「やってみよう!」という気になりますよね。

今回は、はちみつを使った口内炎の予防を解説します。
実験過程などを参考に塗り方なども紹介します。
はちみつの塗り方なんていうとお菓子を食べるみたいですが、これはあくまで治療法です(笑)


《記事の続きを読んでみる》


なぜ痛いのか?理由と原因

「口内炎が痛い」なんて当たり前ですが、考えてみるとあんなに小さい炎症がなぜあんなにも痛みを伴うのでしょうか?
例えば、擦り傷も痛いと思いますが、口内炎ほどではないと思います。
また、包丁などで指などを深めに切ってしまっても、口内炎より痛くない場合がほとんどです。
ここでは、「痛みのなぜ」を解説します。


《記事の続きを読んでみる》


治療方法をまとめてみました

口内炎は、ほとんどの人が発症したことのある炎症です。
ですので、治療方や治療薬はたくさんあります。

また、治療できる病院も、外科から歯医者まで幅広いですよね。
民間療法もたくさんあり、中には塩を治療薬代わりにするという方法もあるのです。
塩を塗布するのも、殺菌効果というところから効果があると言えます。

また、歯医者での治療は他の医院に比べ的確です。その理由も追っていきましょう。
数ある口内炎の治療法の中から効果的なものを、ピックアップしていきます。


《記事の続きを読んでみる》


白い部分ってなぜできるの?

口内炎は素人が見ても、「あ、口内炎だ!」と分かりますよね。
それは、口内炎の患部白い部分が目印となるからだと思います。
この白い部分。なぜ白くなってしまうのでしょうか?
その理由を解説します。

また、いつまでたっても治らない口内炎には、原因や理由があります。
治らない頑固な口内炎の治療法も合わせて紹介します。


《記事の続きを読んでみる》

スポンサーリンク

歯茎に出来て腫れてしまった時はどうすれば良いのか

口内炎の多くの特徴として挙げられるのは、歯茎などに白い腫れの様なものが出来て、そこがピンポイント痛むというものです。
しかし、歯茎も腫れあがり全体的に痛むという症状があります。
これは口内炎なのでしょうか?
今回は広がった痛みを持つ口内炎の症状を解説します。


《記事の続きを読んでみる》


あえて潰しみてみるとどうなるのか

腫れ物やカサブタを、「潰すのは駄目!剥がしちゃ駄目!」と教わったことはないでしょうか。
だけど、誰でも一度くらいは腫れ物を潰したり、カサブタを剥がしたりしてしまいます。
これは、傷が気になってしまう動物の本能と言われています。

鏡を見ている時に口内炎発見!ついつい気になってしまいますよね。
潰すのは正しいのでしょうか?
それとも放っておくのがいいのでしょうか?

また、口内炎を潰すという人は「潰し方」があるといいます。
その潰し方は果たしてどのようなものがあるのでしょうか?


《記事の続きを読んでみる》


英語での発音について

口内炎は、なにも日本特有の病気ではありません。
世界中で発症している症状なのです。
世界中で発症しているのだから、当然外国語で「口内炎」は表現できます。
例えば、中国語では「口炎」。
フランス語はユニークで、Avoir la bouche en de poule(鶏の肛門の様な口)といった表現があります。

それでは、口内炎を英語で表現するのにはどのような発音が適切なのでしょうか。綴りや発音を解説していきます。


《記事の続きを読んでみる》


レーザー治療で治したい方はこちら

レーザー治療と聞くと、大抵の人は尻込みしてしまいます。
また、「口内炎にレーザー治療なんて大袈裟では?」と考えてしまう人もいると思います。
理由は料金(費用)なども気になってしまうからでしょう。
また、レーザーという単語を恐がってしまう場合もあるんでしょう。

今回は、口内炎のレーザー治療の様子や料金(費用)などを解説していきます。
気になる点は痛みと料金(費用)ですよね!


《記事の続きを読んでみる》


唇にできた場合の治し方

口内炎は、口内のいたるところで発症します。
歯茎に出来るのがもっとも多い発症箇所ですが、唇の口内炎も経験した人は多いのではないでしょうか。

唇は普段話したり、食事したりする箇所なので、気になってしまいますよね。
唇の口内炎は、どんな原因があるのでしょうか?

見合った治療や薬も紹介していきます。
全ての口内炎に適切な治療や薬があるので、唇の口内炎でお悩みの方は覚えていきましょう。


《記事の続きを読んでみる》


できやすい原因は病気か遺伝か

アレルギー、薄毛、剛毛、うつ病、...様々な病気や体質には、遺伝が係わっているというのはご存知でしょうか。
病気や体質が絶対に遺伝するという事はありませんが、原因の一つに数えられるのは間違いありません。

口内炎ができやすい体質というのはあるのでしょうか?
定期的に口内炎ができやすい人などは原因が気になると思います。
口内炎と遺伝の関係を追いました。


《記事の続きを読んでみる》


さまざまな種類と症状

口内炎は種類も多く症状は軽症のもの、重症のものいくつかに分かれています。
共通する症状として、「異物感」や「痛み」があります。
もし口内炎になって、「まぁ口内炎なんて放っておいていいか...」と考えてしまうと、取り返しのつかない事になります。
確かに大したことのない口内炎もありますが、悪性の口内炎の場合は悪化した時の事を考えると治療が必要になってきます。
今までに掛かった事ない種類の口内炎になってしまったり、時間が経過しても治らない口内炎を放置してはいけません。


《記事の続きを読んでみる》


早く治す方法とは?

どんな時に口内炎を早く治したいと思いますか?
「凄く痛いから」、「高い食事に行くから」、「デートがあるから」など、大事な予定がある場合は口内炎を早く治す方法を知りたいですよね。

なにも、予定はないけど早く治したい人も必見です。
口内炎を早く治す方法とはなんでしょうか?
治療法が多い分選択には迷ってしまいますよね...!
今回は、口内炎を早く治すベストな方法を紹介していきます。


《記事の続きを読んでみる》


キスでもうつってしまうの?

キスをする相手は「恋人」や「夫婦」、「赤ちゃん」など、人によって様々です。
ほとんどの場合、キスは好きな人とするものですよね。
その愛情表現によって、相手に口内炎がうつるなんて絶対避けたいと思います。

そもそも、口内炎はキスによってうつるのでしょうか?
相手がもしくは、あなたが口内炎になった場合は、それを考えなくてはいけません。
口内炎とキスとの関係を解説します。


《記事の続きを読んでみる》


ストレスが原因でできてしまった場合の治療法

忙しい毎日を過ごしているのが原因で身体に異常が起きることがあります。
疲れやすくなったり、肩が凝ったり、目が疲れたりしますよね。
この状態は、口内炎が出来やすい状態というのはご存知でしょうか。
身体のストレスは口内炎の代表的な原因の一つなのです。

口内炎の原因に雑菌の繁殖、ウイルスなどがあるのですが、身に覚えがないという人はストレスの場合がほとんどです。
治し方はあるのでしょうか?

この場合は口内炎を治療するのかストレスの治し方を考えるのか迷うところですよね。
ストレス性の口内炎の治療を解説します。


《記事の続きを読んでみる》

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加