口内炎には「はちみつ」!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

口内炎は「はちみつ」で治る?塗り方とその効果


甘〜い治療薬!
口内炎は「はちみつ」で「かいけつ」!?

民間療法の効果が医学を越える場合があります。
「口内炎にはちみつを塗ると、薬以上の効果がある」という実験結果があるのです。
塩を塗って口内炎を治療するのに比べると、はちみつでの治療は「やってみよう!」という気になりますよね。

今回は、はちみつを使った口内炎の予防を解説します。
実験過程などを参考に塗り方なども紹介します。
はちみつの塗り方なんていうとお菓子を食べるみたいですが、これはあくまで治療法です。

スポンサーリンク

学会にも発表!
はちみつの効果とは!?


はちみつと聞いて、口内炎をイメージする人はまずいないでしょう。
しかし、サウジアラビアの大学の研究結果で口内炎の治療には、はちみつが効果的という実験結果が出ているのです。
学会に発表しているわけですから、検証も大マジにやっています。

しかも、その結果は薬以上に効くというのです。
これは、被験者によって異なるので参考程度にして下さい。
ですが、はちみつには本来驚くべき効果があったのです。

はちみつは万能薬だった!

はちみつを口内炎だけではなく広い目で分析すると、その効果はとても健康にいいのです。
口内炎予防に必要なビタミンBやビタミンCを多く含み、美肌の効果にも優れています。

その他にも、
  • 整腸効果
  • 高血圧防止
  • 二日酔い防止
の効果など、挙げればキリがありません。

これを見ると、はちみつの治療効果もあながち的外れではありません。

スポンサーリンク

はちみつを口内炎に塗る方法。
驚きの実験結果も!

はちみつの塗り方で効果的なのは、どういった塗り方なのでしょうか。

これは、口内炎パッチと塗り方が一緒で患部の水分を拭き取り、その上にはちみつを塗るといった塗り方です。
実験結果で口内炎の「痛い」といった症状は、一日で収まるという例もあるそうです。
口内炎で最も嫌なのは、この「痛い」症状ですよね。

これが和らぐことは、半分治ったようなものでしょう。

でも、「痛い」どころではなく、「激痛」を伴っている人は塗るのさえ嫌だと思います。
その例に対しても、解決法があります。

はちみつでの治療法色々。
デメリットもありました。

口内炎により激痛が走る場合、はちみつどころか薬を塗布するのも嫌だと思います。
その激痛には、はちみつ飴やはちみつレモンなどがおすすめです。

はちみつ飴やはちみつレモンを、患部にあてないように舐めて「唾液+はちみつ成分」で、患部を緩和するやり方です。

はちみつを使った治療法を試す価値は大いにありますが、一つだけ注意が必要です。
それは、「虫歯」です。
就寝前に、はちみつや、はちみつ配合の飴を服用すると、虫歯に繋がる危険性は大です。
ですので、はちみつ服用する際は、就寝前以外にしておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加