唇の口内炎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

口内炎が唇にできてしまった時の治療法や薬


日常で頻繁に使う唇。
唇の口内炎にはコレ!

口内炎は、口内のいたるところで発症します。
歯茎に出来るのがもっとも多い発症箇所ですが、唇の口内炎も経験した人は多いのではないでしょうか。

唇は普段話したり、食事したりする箇所なので、気になってしまいますよね。
唇の口内炎は、どんな原因があるのでしょうか?

見合った治療や薬も紹介していきます。
全ての口内炎に適切な治療や薬があるので、唇の口内炎でお悩みの方は覚えていきましょう。

スポンサーリンク

原因を特定しよう!


口内炎の原因は、
  • ウイルス性...雑菌の増殖。
  • アフタ性...栄養不足、ストレスなど。
  • カタル性...歯に付ける金属などの裂傷によって炎症する口内炎。
  • アレルギー性...食べ物のアレルギーなど。
  • ニコチン性...喫煙。
など様々です。

これらほとんどが、唇の口内炎と関係してくるのです。
発症した口内炎の種類を知ることも、口内炎治療には必要なことになります。

治療するにはその口内炎に合わせてください。

唇に出来た口内炎は先述したように、様々な口内炎の可能性があります。
場合によっては栄養補充が治療ですし、禁煙、減煙などが治療になるケースがあります。

しかし、これらの治療は飽くまで自宅療養です。
あまりにも口内炎が悪化している場合は、薬などを服用しましょう。
唇の口内炎に適している薬を解説していきます。

スポンサーリンク

唇の部分によって治療法を変えていきましょう!

唇に出来た口内炎。
一言に口内炎と言っても、「上唇」や「下唇」や「唇の裏」があります。

唇の裏ではなく、表に口内炎が出来てしまった場合は、口内炎パッチを付けると目立ってしまい接客業の方などは困ると思います。
ですので、塗り薬をおすすめします。
唇の端に出来る口内炎は、食生活の不摂生が主な原因と言われています。

また、唇の裏の「上唇」や「下唇」の口内炎には、口内炎パッチがおすすめです。
食事で剥がれにくいというメリットがありますし、会話をするにも障害がなく話せます。


唇の口内炎が治りにくい理由。

唇は先述したように会話や食事で必ず動かす箇所です。
ですので、他の箇所に出来る口内炎と比べ、気をつけていないと治癒が遅くなったり、口内炎が「荒れる」「腫れる」といった悪化症状を引き起こす場合があるのです。
この「荒れる」「腫れる」といった口内炎のほとんどが、患部が大きくなりパッチなどでは収まらないようになるのです。
そうなると会話していても、食事をしていても、常に痛みに悩まされてしまいます。

早期治療には病院に行き、強い薬をもらうことや、急いで治したい場合はレーザー治療を受けるなどが解決策です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加